フランチャイズ マージン 相場

フランチャイズ募集サイトランキングはこちら≫≫≫


マージン

フランチャイズなら「フランチャイズの窓口」(FC募集で独立開業)≫≫≫≫

ロイヤリティなどを理解する

フランチャイズというのは、フランチャイズを展開する企業と加盟店の間で契約をかわしていき、同じ企業のイメージを創りだして経営を進めていくことになります。

利益においても管理を互いに進めていくことになり、互いに利益になるように考えていかなければなりません。

マージンも重要な要素となってきます。

フランチャイズ事業本部は、加盟店に対して商標やサービス、さらには企業の標識に関して使用を認めることができます。

一方で加盟店はフランチャイズ事業本部から経営のノウハウをもらうことができます。

ロイヤリティを支払う事にもなりますが、マージンなども理解しておかなければロイヤリティが経営を苦しめるという状況が生まれてきてしまいます。

マージンを知ってフランチャイズになるか判断する

そもそもマージンというのはそのお店の総売上高から仕入れなどの売上原価を引いて計上されるものであり、日本語では売上総利益とも呼ばれています。

製造業界で利用されている言葉であり、総売上高から仕入れや原材料などの製造原価を引いて算出している金額になっています。

また流通業界でも利用されているマージンでは、販売していった金額と仕入で使った原価について差額を見ていくことでマージンを計上することができます。

フランチャイズ加盟店でも必要になってくる人件費または販売管理費などもマージンとして含まれていますので、計算する時には注意しなければなりません。

オーナーとして収益の相場を把握する

オーナーとしてフランチャイズ加盟店として仕事をしていく時に、収益と一緒に給料などを理解していくことも必要になってきます。

例えば収益の中には、フランチャイズ事業本部へ収めていくことになるロイヤリティというものがあります

全体の売上の中からロイヤリティをフランチャイズ事業本部へ納めていきますが、大部分をロイヤリティとして渡してしまえば大損となってしまいます。

売上の相場を理解すつつ、理想的な年収を生み出していくことが大切になってきます。

判断基準としては300万円以下になってしまうようであれば、そのフランチャイズ事業本部はやめておいた方がいいでしょう。

1,000万円を狙っていくことで見定めていくことができます。

フランチャイズなら「フランチャイズの窓口」(FC募集で独立開業)≫≫≫≫

フランチャイズ募集サイトランキング

フランチャイズの窓口

人気の理由
  • 200社以上の掲載数!
  • 逆指名制度で見つけてくれる!
  • 説明会情報も見れる!

公式サイトはこちら

アントレnet

人気の理由
  • 大手リクルートが運営!
  • 様々な検索軸から探せる!
  • 独立事例集も豊富!

フランチャイズ比較ネット

人気の理由
  • 運営9年、利用者12万人の実績!
  • 加盟金キャッシバック制度!
  • 電話での対応も可能!

基礎知識

人気のフランチャイズ業種

口コミ・評判