フランチャイズ 低資金

フランチャイズ募集サイトランキングはこちら≫≫≫


・開業資金はどうしても必要なのか
自分自身でお店を開きたいとなると、建設費用や人件費などのコストがかかってきてしまいます。
コストはある程度抑えていきたいところですし、開業する際には低資金で対応していきたいものです。
それではフランチャイズでも同様のことが言えるのでしょうか。
いざフランチャイズのビジネスを始めていこうと考えた時には、フランチャイズ事業本部を選択して加盟店として契約を結んでいくことになりますが、ここにポイントがあるのです。

・フランチャイズにおける資金を考える
これから利益を上げていくために、加盟するフランチャイズ事業本部を丁寧に下調べしなければなりませんが、契約をする際に準備しなければならないことがあります。
その中でも大きな問題が開業資金となってきます。
フランチャイズに加盟しても開業資金が発生することがあり、その金額はフランチャイズ事業本部によって大きく変化してきますので注意しなければなりません。
開業資金は、フランチャイズ事業本部によっては0円となっているところもあります。
清掃業者などで多くなっており、フランチャイズにおける契約金やロイヤリティもさほどかからない傾向にあります。
フランチャイズ事業本部としては、今後加盟店と一緒に事業展開をしていくのが目的なので、加盟側のフランチャイズに関する資金を下げることで間口を広げているのです。

・高い開業資金は用途で決める
開業資金が非常に高くなる業種で文房具店などがあります。
これは文房具が消耗品であり、通販などで普及されているためコストなどがかかってしまうのです。
フランチャイズ事業本部としては、文房具を陳列していくための什器や、在庫管理などで費やす費用も考慮していかなければならないのです。
コスト面で開業などで必要になる資金はマチマチです。
そしてフランチャイズ加盟店となった後も、ロイヤリティなどでコストが掛かりますので注意しなければなりません。

フランチャイズ募集サイトランキング

フランチャイズの窓口

人気の理由
  • 200社以上の掲載数!
  • 逆指名制度で見つけてくれる!
  • 説明会情報も見れる!

公式サイトはこちら

アントレnet

人気の理由
  • 大手リクルートが運営!
  • 様々な検索軸から探せる!
  • 独立事例集も豊富!

フランチャイズ比較ネット

人気の理由
  • 運営9年、利用者12万人の実績!
  • 加盟金キャッシバック制度!
  • 電話での対応も可能!

基礎知識

人気のフランチャイズ業種

口コミ・評判